無線機・インカム・トランシーバーのレンタルなら
ネクストギアーズ株式会社にお任せください。
自治体での無線機(トランシーバー・インカム)の活用事例

「自治体」ではレンタル無線機はどう使われているか

スポーツ大会やお祭り、花火大会や防災訓練など様々なイベントでご活用いただいております。時には災害時にレンタル無線機をご活用いただくこともございます。イベントでのご利用では、規模によって5Wの業務用無線機かIP無線をご利用いただくケースが多く、オプション品もイヤホンマイクを中心にスピーカーマイクやヘッドセットなど弊社にラインアップされている製品を幅広くご活用いただいております。例えば100台クラスで利用されることの多い花火大会の場合、エリアをいくつかに分けてグループを作成します。エリア内では5Wの業務用無線機を活用します。また、各エリアの本部には基地局を設置し他のエリアの本部と通信ができるようにしておきます。各エリアを回る方は、他のエリアに入った段階でそのエリアのチャンネルに変えるようにします。またはエリアを横断して動く方たちのグループを作り、その方たちにはIP無線を保持いただく方法もあります。

自治体の方は購入した無線機(トランシーバー)をどう活用しているか

主に、防災用として導入されています。各地の消防団の装備品として5Wの業務用無線機が導入されていたり、災害時などにすぐ使用できるように役所で保管されていたりします。業務用無線機の中でも「登録局」を保有している場合、花火大会やお祭りなどのイベント時に市民団体に貸し出したりしている場合もあります。

自治体のお客様に実際にご利用いただいたレンタル無線機活用実例

例年花火大会用の無線機をレンタルしています。予算が優先されますが提案内容も考慮しネクストギアーズさんからお借りしました。毎年、紛失が発生していましたが、管理に入っていただいたおかげで紛失品が無かったので追加費用も発生せずに済み助かりました。また、これまで通信ができなかったエリアを解消していただけたので、これまでよりもスムーズに連絡を回せた点も大変良かったです。

ネクストギアーズの対応

大規模な花火大会で来場者が多く、対応エリアも広かったのでIP無線と業務用無線機を組み合わせチャンネルの振り分けなどを事前に企画しました。事前の現場テストで例年通信ができない場所の詳細が確認できたので、全域での通信ができるように機材構成を再度企画・ご提案し、本番までに解決いたしました。また、例年本体を紛失し請求が発生しているとの事でしたので、わたしたちが現場に常駐し機材の管理対応やトラブルシュートし、レンタル期間に紛失などのトラブルも無く通信状況も安定していたので安心いたしました。

レンタルか購入の判断目安

日常的にご利用をする場合は、「ご購入」「長期レンタルプラン」を活用すると良いと思います。
また、免許局か登録局で迷う場合は、追加レンタルの有無で考えると判りやすくなります。

追加レンタルの必要が無い場合は免許局

所有する団体ごとに専用の周波数(トーン周波数)が付与され、チャンネル数も最大100波あるため混信のリスクが低く安定した運用が可能です。

但し、導入時や5年毎の更新時に1台毎に申請費用(印紙代金)が必要となる為、台数が増えると維持費が高額となる場合もあります。

追加レンタルの可能性がある場合は登録局

手軽に追加レンタルが可能な為、最低限の台数の導入で状況にあわせて必要台数を利用できる。

近くで同じカテゴリ(登録局)の使用者が多い場合、通信に制限がかかり送信ができなくなる場合があります。

ご利用に関するお問い合わせ・ご質問はこちら

商品に関するご質問、利用シチュエーションのご相談、お取引方法など、ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

東日本03-5831-0185西日本06-4862-7203受付時間 24時間対応
無線機について
株式会社エコー総合企画
Copyright © 2018 NEXT GEARS Co.,Ltd. All rights reserved.