ハウツー

無線機(トランシーバー)の種類って何があるの?メリット・デメリットをご紹介

大小問わずさまざまなイベントで、スタッフ間の連絡手段となる無線機(トランシーバー)。
同じ無線機でも、イベントの内容や会場によってレンタルする無線機の種類が異なってくるってご存知でしたか。
このコラムでは、3種類ある無線機の違いをわかりやすくご紹介します!

無線機は大きく分けて3種類ある

  • 特定小電力トランシーバー
  • 簡易業務用無線機
  • IP無線

の3つがあります。1つずつ詳しく見て行きましょう。

小規模なイベント向け「特定小電力トランシーバー」

特定小電力トランシーバーは、文字通りトランシーバーの中でも「出力(パワー/W)が小さい」ものを指します。
対象エリアは100m程度と狭いですが、単三電池1本で1日中使える安心感と、レンタル代が安いのが特徴です。
小規模の展示会や運動会、ハイキングなどで利用されています。

【メリット】

  • 乾電池1本で【約30時間】使える電池持ちのよさ
  • レンタル代が安い
  • 本体が軽いので、利用者の負担が少ない

【デメリット】

  • 通信エリアが約100mと狭い
  • 屋内では基本的にワンフロア。壁や天井をまたぐと電波が届かないこともある
  • 屋内と屋外での通信がほぼできない

どんなイベントにも対応できる「簡易業務用無線機」

大規模フェスや国際会議、スポーツ大会など、多くのイベントで使われているのが簡易業務無線機(簡易業務用トランシーバー)です。
本部(屋内)から駐車場にいるスタッフ(屋外)など、屋内外問わず使えるのが特徴です。
別途、基地局を設置することで、対象エリアをより広げることができます。
迷ったらこちらをレンタルするのがおすすめです。

【メリット】

  • 屋内外問わず、どんなイベントでも使える
  • 特定小電力トランシーバーの500倍の出力(パワー/W)があるため、広範囲で使える
  • 通信安定性、耐久性などが高い

【デメリット】

  • 出力が大きい分、本体の重さも特定小電力トランシーバーの倍(約300g)となる
  • バッテリーの稼働時間は10~17時間
  • 日をまたぐ場合、充電する手間がある

携帯の電波を使ってより広範囲に「IP無線」

携帯電話の電波を使って通信する無線機のことで、マラソン大会など広範囲で連絡をとる場合に利用されます。
ただし、携帯の電波が入らない山間部や地下では使えません。

また、お昼や夕方時もしくはお祭りのときなどに、「スマホの通信速度が遅くなった」という経験が一度はあるかと思います。
IP無線も同じ電波(3G/4G/LTE)を使っているので、人がたくさん集まる場所では通信に制限がかかることもあります。
回避策として、全て同じ通信キャリアに統一せずに、IP500H(au)とIP501H(docomo)のようにキャリアを分ける方法や、簡易業務無線機と組み合わせて使うのがポイントですよ。

※IPは「インターネット・プロトコル」の略称です。

【メリット】

  • 携帯電話の電波を使うため通信エリアがかなり広い
  • 電波が入るエリアであれば、屋内外問わずどんなイベントでも使える
  • 簡易無線より軽く、電池持ちもいい

【デメリット】

  • 電波が入らない山間部や地下では使えない
  • 場合によっては回線が混雑して、制限がかかることもある
  • レンタル代が高い

迷ったらスタッフに気軽にご相談ください!

3種類の無線機をご紹介してきましたが、「自分たちのシーンに合うのはどれだろう?」と迷っている方は、ぜひ一度お問い合わせください。
利用シーンに合わせて最適な機種をご紹介させていただきます。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。