無線機・インカム・トランシーバーのレンタルなら
ネクストギアーズ株式会社にお任せください。
無線機(トランシーバー)のチャンネルや周波数、出力って何?

無線機(トランシーバー)のチャンネルや周波数、出力って何?

無線機(トランシーバー)をレンタルしようとすると「チャンネル」「周波数」「出力」といった言葉を、一度は耳にするかと思います。
『文系だったので難しい言葉はちょっと…』。
このコラムでは誰にでもわかるように、これら3つの用語のご紹介をいたします。

無線機の「周波数」と「チャンネル」は同じ意味

『無線機の周波数を合わせて』『トランシーバーのチャンネルを●●にしてください』。
現場では、そんなやりとりが行われることがしばしばあります。
でも、ここで言う「周波数」と「チャンネル」って実は同じ意味なんです。
無線機は発信側と受信側の周波数(チャンネル)を一致させることで、音声のやりとりができるようになります。

ラジオを使って解説します

みなさん、ラジオを使ったことがありますか?
ラジオってダイヤルを回したり、ボタンを押したりしてきれいな音声が聞こえるように数字を合わせますよね。
「78.0MHz」や「1242kHz」などがそれで、この数字のことを「周波数(※Hz(ヘルツ)という単位がつきます)」といいます。

各ラジオ局は決まった周波数で放送をしており、私たちが聞きたい周波数にラジオを調節することで、受信できるということになります。
例えば、千葉県のbay-fmは78.0MHzの周波数で放送しているため、ラジオの周波数を78.0MHzに調節するとbay-fmの放送が聴けるようになるのです。

無線機の仕組みも基本的にはラジオと同じですので、発信側と受信側の周波数を同じ値に合わせることで、音声が相手に届くようになります。

チャンネルは、周波数を1つ1つ割り当てたもの

チャンネルというのは、1つの周波数に1つのチャンネルを割り当てて、利用者の負担を軽くするための名称です。
『じゃあ、A班は周波数を352.2MHz、B班は353.0に…』というのは面倒ですよね。
無線機では「●●MHzをチャンネル1、××MHzをチャンネル2…」というように設定していて、利用者は特に周波数を気にしなくても「チャンネルを合わせるだけで」連絡が取れるようになるのです。
なので、「チャンネル」と「周波数」は、言葉は違えど中身は同じことを言っています。

【補足】

一番の売れ筋である「TCP-D551」では、
チャンネル01…351.20000MHz
チャンネル02…351.20625MHz

チャンネル30…351.38125MHz
といった具合に、0.00625MHz(=6.25kHz)ごとに区切ってチャンネルを設定しています。

「出力」は無線機のパワーのこと

無線機は電波を使って音声を飛ばしていますが、このとき飛ばされる電波の強さが「出力」です。
単位は電化製品でも使われる「W(ワット)」が用いられ、基本的にこの数値が大きいほど離れた相手でもやりとりができるようになります。
(IP無線機は、他2つと仕組みが違うためワット数が小さくても遠くまで飛ばせます)

・特定小電力トランシーバー…0.01W
・簡易業務無線機…5W(機種によっては1Wにおさえることも可能)
・IP無線…0.25W

機種によって多少の差はありますが、基本的にこの出力になります。
なお、参考までに先ほどのbay-fm(FMラジオ)の出力は「5,000W(=5kW)」です。
数百キロ先まで電波を届けなくてはならないため、これだけ大きな出力になっているのですね。

それでも「?」のときは、遠慮なくスタッフまで

今回は、無線機の用語としてよくでてくる「周波数」「チャンネル」「出力」の3つの用語をご紹介しました。
もしこれを読んでもイマイチよくわからない…というのであれば、遠慮なくスタッフまでお尋ねくださいね。

ご利用に関するお問い合わせ・ご質問はこちら

商品に関するご質問、利用シチュエーションのご相談、お取引方法など、ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

東日本03-5831-0185西日本06-4862-7203受付時間 24時間対応
無線機について
株式会社エコー総合企画
Copyright © 2019 NEXT GEARS Co.,Ltd. All rights reserved.