無線機・インカム・トランシーバーのレンタルなら
ネクストギアーズ株式会社にお任せください。
広告業での無線機(トランシーバー・インカム)の活用事例

「広告業」の現場ではレンタル無線機はどう使われているか

日本全国で行われる様々な規模のイベント現場が利用シーンとなり、イベントに関わる現場設営時・イベント運営時・撤収作業時など全ての業務でのスタッフ間の通信用途として日々ご活用いただいております。イベントの規模に応じ、弊社ラインアップの特定小電力トランシーバー・業務用無線機・IP無線を幅広くレンタルにてご利用いただいております。オプション品もイヤホンマイク・スピーカーマイク・ヘッドセットやストラップ(ポーチ)などを状況に合わせてご利用いただいております。無線機を日常的に利用するものの、イベントによって使用する台数が増減するのでレンタルサービスがマッチしやすく全国の広告代理店様からご利用いただいております。

広告業の方は購入した無線機(トランシーバー)をどう活用しているか

主に5Wの業務用無線機(免許局又は登録局)を自社スタッフ分保有し、現場でのスタッフ間の通信にご活用いただくケースが多いです。自社スタッフが多い場合や、請け負う現場が多い企業では100台クラスの無線機を保有していることもあります。イベントの運営が中心の企業ではイヤホンマイク仕様、施工業務が中心の場合はスピーカーマイク仕様で保有される傾向があります。現場ではIP無線が浸透してきていますが月額の通信料金が必要となるため、IP無線はレンタルで運用されているケースが多いです。

広告業のお客様に実際にご利用いただいたレンタル無線機活用実例

国際的に有名な展示会の運営業務の中でレンタルをさせていただきました。例年自社の無線機を使用していましたが、今年は他のイベント現場と日程が重なり自社の無線機が不足したので助かりました。これまでもレンタルをしたことはありましたが、現場への持参や回収、陳列作業まで対応していただけて当日の作業はほとんど無かったのでまたご利用させていただきます。また、社員の方の対応も親切で次の利用時も指名させていただきます。

ネクストギアーズの対応

江東区の大型展示会場全域を使用した大規模イベントの運営業務を受託されている企業様からのご依頼でした。普段は保有されている無線機(免許局)をメインに利用しており、不足した際はレンタルにて無線機を活用しているとのことでした。レンタル時の課題をお聞かせいただき、混信や漏洩の対策・紛失などの機材管理の対策など、わたしたちのサポートで解決できることが大半でしたので、わたしたちのサポート体制をご提案し本番を迎えていただきました。本番終了後に感想をお聞きし、課題が全面的に解決したということで安心いたしました。これからもわたしたちネクストギアーズのリソースを存分にご活用いただきイベント成功の一助となれるようサポートを続けて参ります。

レンタルか購入の判断目安

日常的にご利用をする場合は、「ご購入」「長期レンタルプラン」を活用すると良いと思います。
また、免許局か登録局で迷う場合は、追加レンタルの有無で考えると判りやすくなります。

追加レンタルの必要が無い場合は免許局

所有する団体ごとに専用の周波数(トーン周波数)が付与され、チャンネル数も最大100波あるため混信のリスクが低く安定した運用が可能です。

但し、導入時や5年毎の更新時に1台毎に申請費用(印紙代金)が必要となる為、台数が増えると維持費が高額となる場合もあります。

追加レンタルの可能性がある場合は登録局

手軽に追加レンタルが可能な為、最低限の台数の導入で状況にあわせて必要台数を利用できる。

近くで同じカテゴリ(登録局)の使用者が多い場合、通信に制限がかかり送信ができなくなる場合があります。

ご利用に関するお問い合わせ・ご質問はこちら

商品に関するご質問、利用シチュエーションのご相談、お取引方法など、ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

東日本03-5831-0185西日本06-4862-7203受付時間 24時間対応
無線機について
株式会社エコー総合企画
Copyright © 2018 NEXT GEARS Co.,Ltd. All rights reserved.