無線機・インカム・トランシーバーのレンタルなら
ネクストギアーズ株式会社にお任せください。
宗教法人での無線機(トランシーバー・インカム)の活用事例

「宗教法人」ではレンタル無線機はどう使われているか

周年行事などで人が多く集まる際のアテンド用や安全対策用としてご利用いただいています。使用する施設や参加者の規模に応じて5Wの業務用無線機やIP無線をメインにご利用いただくことが多いです。構成例としては、イヤホンマイクを着用し通信をおこないつつ、服装に応じて弊社ラインアップのショルダーストラップやポーチなど幅広くご利用いただいています。大規模な法事では、100台クラスのご利用となる場合もあるので進行用や周辺の参拝者誘導(安全対策)など、連絡系統ごとにチャンネルを振り分けるなどの対応をされることもあります。また参道が長い場合や、敷地外の駐車場周辺との通信が必要な際はIP無線を活用することもあります。

宗教法人では購入した無線機(トランシーバー)をどう活用しているか

日常的に参拝者がいる施設では、従業員同士の連絡手段として5Wの業務用無線機をメインに導入されております。休日や説法会などの際には混雑するので参拝者の誘導や施設周辺の駐車場での交通誘導で活躍している他、施設外での引率時の通信手段としてもご利用いただいております。一般企業での利用目的が効率の向上を目的としているのに対し、宗教法人での利用目的は参拝者の安全性を確保するために導入されることが多い傾向です。また宗教法人によっては最寄り駅からの送迎バスを運行していることもあり、本部との間で車両の運行状況の確認手段としてIP無線の導入へ向けたご相談も増えております。

宗教法人のお客様に実際にご利用いただいたレンタル無線機活用実例

大法要の際にレンタル無線機をお借りしました。高齢の方も多く来場されますので階段周辺や駐車場周辺に人員を配置し、適宜連絡を取り合いながら状況が確認できたので事故も起こらずに大活躍でした。マイクを付け慣れていないので最初は違和感がありましたが、慣れてくると邪魔にならず利用することができました。

色々とお気遣いをいただきましてありがとうございます。

ネクストギアーズの対応

初めて無線機のご利用を検討されているとの事でしたので、想定している用途や通信範囲、人員の配置などをご相談いただきながら最適な無線機やオプション品を選定しました。ベルトクリップで本体を保持できないため心配でしたが、試していただくと問題なく保持できるとのことで安心いたしました。利用後にご利用の感想をお聞きしたところ、事故もなく無事大法要が行われたとのことでこちらについても安心いたしました。今後も来場者が多い催し事の際には安全対策の必須ツールとして積極的に利用したいとお声がけをいただきました。

レンタルか購入の判断目安

日常的にご利用をする場合は、「ご購入」「長期レンタルプラン」を活用すると良いと思います。
また、免許局か登録局で迷う場合は、追加レンタルの有無で考えると判りやすくなります。

追加レンタルの必要が無い場合は免許局

所有する団体ごとに専用の周波数(トーン周波数)が付与され、チャンネル数も最大100波あるため混信のリスクが低く安定した運用が可能です。

但し、導入時や5年毎の更新時に1台毎に申請費用(印紙代金)が必要となる為、台数が増えると維持費が高額となる場合もあります。

追加レンタルの可能性がある場合は登録局

手軽に追加レンタルが可能な為、最低限の台数の導入で状況にあわせて必要台数を利用できる。

近くで同じカテゴリ(登録局)の使用者が多い場合、通信に制限がかかり送信ができなくなる場合があります。

ご利用に関するお問い合わせ・ご質問はこちら

商品に関するご質問、利用シチュエーションのご相談、お取引方法など、ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

東日本03-5831-0185西日本06-4862-7203受付時間 24時間対応
無線機について
株式会社エコー総合企画
Copyright © 2018 NEXT GEARS Co.,Ltd. All rights reserved.