無線機

基地局タイプの無線機ってどんなもの?ハンディ機との通信はできるのか

無線機(トランシーバー)は数キロ離れた相手にも連絡を取ることができますが、屋内から屋外であったり、障害物が多いと電波が届かないこともあります。
そうしたときに役立つのが「基地局タイプ」の無線機です。
基地局タイプの無線機はどういったものなのか、またどんなメリットがあるのかを、今回は解説します。

基地局タイプの無線機は、一箇所に据え置いて使う無線機

ハンディタイプとは異なり、イベント本部などのある地点に配置して利用する無線機のことをいいます。
コンセントから電源を供給する必要があることから、電源が確保できない場所やハンディ機のように移動しながら利用することはできません。
チャンネル(周波数)を合わせることで基地局タイプからハンディ機へ、その逆への通信も可能です。

専用のアンテナを設置することで、より広範囲に通信が可能になる

基地局タイプの一番のメリットは、アンテナを高所に配置することで広範囲での通信が可能となる点です。
大規模なフェスなどでは、本部以外にも会場内、会場の入り口、駐車場など、あちこちにスタッフが散らばっていることが多いです。
そんなときであっても、基地局タイプを1つ設置しておけば、遠くにいるスタッフともしっかりと連絡を取ることができます。

オプションのアンテナを使うことで通信範囲を拡大できる

わたしたちネクストギアーズで扱っている基地局タイプの無線機は、基本セットとしてアンテナが付属してきます。
しかしながら、『より広範囲にスタッフが散らばる』『車載用の無線機として使いたい』といった場合に、数種類のアンテナを保有していますのでシーンに応じて対応することが可能です。
保有しているアンテナは次の3つです。

  • 指向性アンテナ…電波の発信方向を限定することで、安定性を高めます
  • 高利得アンテナ…電波の送受信のしやすいアンテナを利用することで、より広範囲まで通信が可能になります
  • 車載用アンテナ…車で移動しながら無線機を使う場合のアンテナです

※バイクに設置できるステーも保有しています

ネクストギアーズで扱っているのは2機種

弊社では、2種類の基地局タイプの無線機を取り扱っております。
どちらも「簡易業務用無線機」ですので、5Wのハンディタイプの無線機であれば、どの機種でも一緒にレンタルして通信することが可能です。

機能面ではどちらも同じですが、強いて違いをあげるとするのなら、iCOM製の方が基地局タイプ・ハンディ機ともに小型かつ軽量で作られております。
女性スタッフが多い会場などでは、iCOMのIC-D5005とTCP-D551やIC-D60をセットでレンタルするといいでしょう。

アンテナの設置が不安であれば、ぜひスタッフにご相談ください

基地局タイプの無線機は、適切にアンテナを設置することがカギとなってきます。
『ご自分でうまく設置できるかわからない…』そんな方でも安心して使ってもらえるよう、弊社スタッフが現場のサポートに入ります。
不安な方は、ぜひ一度お電話ください。スタッフ一同お待ちしております。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。