インカム

インカムの種類と通信距離の目安

電波を使う機器に接続して通話するインカムには、使用可能な通信距離の分類や、利用上の注意点が存在し、種類によって用途が異なります。
バイクツーリングに適したインカムや、ハイキングなどの野外利用に適したインカム、大型施設でのイベント利用に適したインカムなど、その使用環境によって選ぶべき通信機器の種類が異なります。この記事では、目的にあったインカムを選択できるように基準を紹介します。

インカムの種類と通信距離の目安

インカムとは、マイク付きのイヤホン、またはヘッドセットを装着して会話できるすべての通信機器ことを意味します。インカムの中で通信距離が異なるのは、電話や有線通信の無線機ではなく、電波を使う無線機やBluetoothインカムなどに接続して会話する場合です。

機器の種類通信距離送信出力免許・登録
特定小電力トランシーバー見通しの良い場所で、約1km~約2km
市街地で約100~200m
10mW以下不要
簡易無線(免許局)見通しの良い場所で、約5km~約20km
市街地で約500m~1,000m
1~5W要免許
簡易無線(登録局)見通しの良い場所で、約5km~約20km
市街地で約500m~1,000m
1~5W要登録
IP無線機携帯電話通信圏内0.25W以下不要
Bluetoothインカム
(ツーリング用等)
見通しの良い場所で、最大約1.4km10mW以下不要

インカムの電波飛距離は無線の種類や使用環境によって大きく左右されます。特に特定小電力トランシーバー、簡易無線、Bluetoothの通信は、電波を遮断してしまう建物の有無が通信距離に影響するため、あらかじめ使用環境を想定しておく必要があります。
また、キャリア通信網を利用するIP無線機は、携帯電話が圏外になってしまう山間部や地下などの場所で使えないことが多いので、こちらも注意が必要です。

免許・登録が必要なインカムについて

簡易無線機には、「免許局」と「登録局」の2つが存在しますが、そのどちらも電波法により総合通信局への申請が義務付けられています。簡易無線機の「免許局」と「登録局」の違いは、申請をした人や団体以外の第三者の利用が可能かどうかです。

「免許局」への申請は、免許された法人などの団体利用を可能にするためのものです。申請手数料(収入印紙)は、1w以下で3,550円(電子申請は2,550円)。1w~5w以下で4,250円(電子申請は3,050円)。1局あたりの年間電波使用料は400円で、免許までの期間は約1ヶ月となります。

「登録局」への申請は、登録した法人などの団体以外も使用が認められるための申請なので、レンタルを可能にするための手続きと言えます。
※ネクストギアーズでレンタルできる簡易無線機は、すべて登録状を取得済みのため安心してご利用いただけます。

インカムを使い分ける基準とは?

今回紹介したインカムは通信距離によって用途を使い分けることが必要です。基準を想定しやすくするために、インカムの種類別で使用する場面と理由を紹介します。

特定小電力トランシーバーに適した用途

特定小電力トランシーバーに接続してインカムを利用する場合、見通し200m前後から、ワンフロアの通信用無線機器として使うのがおすすめです。
特定小型トランシーバーをインカムとして利用する際は、送信出力が他の通信機器に比べて弱いので、お互いの姿が見えない状態や、フロアが区切られた空間には不向きです。アウトドアや工場見学などの遮蔽物がない大型施設で利用すると良いでしょう。
注意点としては、チャンネルが合うとお互いの会話が誰でも拾えるので、秘匿性を大事にする場合は使用を避けましょう。

簡易無線に適した用途

簡易無線機に接続してインカムを利用する場合、見通し約5km、住宅地で約1.5km、都心部で約800mの通信が可能なので、広範囲での通信が必要な人におすすめです。
施設の形状や材質にもよりますが、2〜10フロア程度の広さなら通信できることが多く、実際に運送業やインフラ業者などに使用されています。

IP無線機に適した用途

IP無線機に接続したインカムは、携帯電話か使える場所なら日本全国どこでも使用可能であるため、高層ビルや地下、マラソン大会などのスポーツ大会に利用されることが多いです。
運送業やインフラ業者にも利用されており、携帯電話の電波が届くより広い範囲で利用を検討している方向けのインカムです。

Bluetoothインカムに適した用途

バイクインカムとして多く使われるのがBluetoothインカムですが、最大通信飛距離の1,4kmを超えてしまうと電波が途切れてしまいます。
通信飛距離をより伸ばしたい方はツーリングルートを想定して簡易無線やIP無線機などのインカムを選ぶのが良いでしょう。

違法のインカムの見分け方

通信等で取り扱われるインカムでトランシーバーを使う場合、通信距離が長すぎたり、送信出力が大きすぎたりする機器は日本の電波法に違反する可能性があります。
電波法に違反する機器は、船舶に搭載されている無線機などに電波障害を引き起こしてしまう可能性があり、人命救助などに支障をきたす可能性やラジオやテレビの電波障害を引き起こす原因になります。

これらの電波障害を引き起こすような、違法通信機器かどうかを見分けるために、日本の電波法に基づいた通信機器に記載される技適マークを確認しましょう。公共の電波を侵害しないためにも、法律の遵守をするためにも、技適マークの確認を忘れずに行いましょう。

まとめ

インカムの利用を検討している方は、まず使用状況を想定し、必要な通信距離を把握しておくことが重要になります。
今回ご紹介した通信機器の種類は、それぞれ特性が異なるので、具体例に挙げられた使用環境をイメージし、よりご自身が使用する際の目的に近いものを選びましょう。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。