デュアルバンド熱赤外線カメラ、HeatFinder(ヒートファインダー)の販売・レンタルの取り扱いを開始しました。
東日本
03-5831-0185
受付:365日(土日祝日含む)深夜まで
西日本
06-4862-7203
受付:365日(土日祝日含む)深夜まで
無線機

無線機(インカム・トランシーバー)の通信距離の目安

無線機(インカム・トランシーバー)は、種類によって通信距離が変わります。無線機(インカム・トランシーバー)は、一般の方には馴染みの少ない製品ですので、本コラムでは、種類別に通信距離の目安をご案内いたします。

無線機の種別(3種類)

ネクストギアーズでは、無線機の種別を「短距離タイプ」「長距離タイプ」「広域タイプ」と分けています。
  • 短距離タイプ⇒特定小電力トランシーバー(約200m圏内を目安に通信可能)
  • 長距離タイプ⇒簡易業務用無線機(約5km圏内を目安に通信可能)
  • 広域タイプ⇒IP無線機(携帯電話の圏内であれば、日本全国どこでも通信可能)

【タイプ別】無線機の通信距離の目安

機器の種類通信距離
(見通し)
通信距離
(市街地)
通信距離
(建物内)
送信出力
(最大)
免許
登録
特定小電力トランシーバー約1km~約2km約100~200m約1~4フロア10mW不要
簡易業務用無線機
(免許局)
約5km~約10km約500m~1km約10~20フロア5W要免許
簡易業務用無線機
(登録局)
要登録
IP無線機携帯電話通信圏内0.25W不要
Bluetooth
インカム
約1km約100m1フロア/約20m10mW不要

特定小電力トランシーバーの通信距離の目安

特定小電力トランシーバーは、免許不要で手軽に使用できる反面、“通信距離が短い”という特徴があります。 市街地で、100m~200m圏内が通信距離の目安です。高層ビルや施設など壁となるモノ(遮蔽物)があると通信距離はさらに短くなってしまいます。屋内の場合は施設の広さや構造により変わりますが、1フロアから2フロアくらいを目安にお考えください。特定小電力トランシーバーには、様々な機種がラインアップされているので、中継器を設置して通信距離を倍程度に延ばせる製品や、通信距離が50m圏内が目安というものもあります。

特定小電力トランシーバーの“よくあるご利用シーン”

ワンフロアの店舗やポップアップイベント、結婚式の二次会でご利用いただいています。 電話のように相互で同時に話せる機種もあり、同時通話タイプはクレーン工事の作業時に活躍しています。

簡易業務用無線機の通信距離の目安

簡易業務用無線機は、見通し約5km、屋内では約10フロアから20フロア程の距離で通信をおこなえます。無線機同士が直接電波を送受信し合うので、携帯電話のエリア圏外でも通信できる点が特徴です。そういった特徴から、災害等の非常事態の中でも利用できます。簡易業務用無線機は拡張性が高い点も特徴で、いろいろな種類のアンテナがラインアップされているので、通信範囲の拡張も対応できます。

簡易業務用無線機の“よくあるご利用シーン”

東京ビッグサイト、幕張メッセ、インテックス大阪、京セラドーム、マリンメッセ福岡等々、全国様々な施設(会場)で利用されています。アーティストのライブやフェス、展示会などのイベント、マラソンなどのスポーツ大会、株主総会や社内イベントの進行管理等々、様々な催し事で最も使われています。

IP無線機の通信距離の目安

携帯電話の電波圏内(docomo、au、Softbank)であれば、日本全国どこでも通信ができるので、通信距離何km以内が目安というものがありません。例えば、北海道北端の宗谷岬と沖縄県南端の波照間島は約2800km離れていますが、携帯電話の電波圏内であれば通信できます。携帯電話が圏外になる地下室、海岸沿い、山間部などでは送信・受信共にできなくなる点が特徴です。

IP無線機の“よくあるご利用シーン”

大型会場やフルマラソンやトライアスロン、トレイルランなどの各種大型イベントや運送業の方々に利用されています。他にも製造業や施設管理、警備業など、通信エリアが広域になることが多い事業者の方々を中心に、幅広い分野で利用されています。

通信距離に差が出る要因は主に3つ

無線機(インカム・トランシーバー)の通信距離は、前述した3つの種別ごとに大まかに決まっています。無線機の通信距離はどのような“要素”で決まるのでしょうか。

電波に影響を与えるもののイメージ

【1】送信出力=電波を飛ばすチカラ

特定小電力トランシーバーと簡易業務用無線機は、無線機の本体同士で直接電波を飛ばしあって通信します。つまり、電波を遠くまで飛ばすチカラが強ければ強いほど遠方と通信ができるようになります。送信出力は、電波を遠くに飛ばすチカラを“W(ワット)”で表しています。送信出力は、電波法という法律によって、種別に応じて出力の上限が決められています。

  • ■特定小電力トランシーバー:10mW以下
  • ■簡易業務用無線機:5W以下
  • ■IP無線機:0.25W以下
IP無線機は、特定小電力トランシーバーや簡易業務用無線機と通信の仕組みが異なり、国内に多数設置された基地局や中継局を電波が経由することで遠方と通信できる仕組みなので、0.25Wでも国内全域で通信ができるようになっています。

【2】アンテナの長さ=電波をキャッチするチカラ

電波を飛ばすチカラの出力に対して、アンテナは飛んできた電波をキャッチする役割を担っています。高出力の無線機であっても、アンテナが外れていたり、適合していないものが付いていると本来の通信距離が出なくなってしまいます。特定小電力トランシーバーと簡易業務用無線機には、様々な機種がラインアップされていますが、通信距離をできるだけ伸ばしたい場合は、アンテナが長い製品を選ぶとよいでしょう。

【3】使用環境

通信したい相手との間に、コンクリート製の分厚い壁があったり、強い電磁波を出す製品があると電波が正しく飛ばず、通信距離が短くなってしまいます。電波を通しやすい素材や遮断してしまう素材もありますので、使用環境も通信距離に大きな影響を与えます。

電波が飛んでいくイメージ

上に書いた3つの要因は、キャッチボールをイメージするとわかりやすくなります。出力はボールを投げる力、アンテナはグローブの大きさ、ボールが電波という感じです。キャッチボールをする際に、相手との間に分厚くて高い壁があると相手までボール(電波)が届かなくなってしまいますよね?また、横から強い風が吹いていると相手までボール(電波)を届けるのが難しくなってしまいます。大雑把ですが、こんな感じでイメージをしていただければ良いと思います。

自分に合った通信距離の無線機を選ぶにはどうすればいいのか

ここまで、大枠となる“3つの種別”や“通信距離に影響がでる要因”を書いてきました。ただ、特定小電力トランシーバーではなくて簡易業務用無線機じゃないと通信ができない場合や、簡易業務用無線機ではなくてIP無線機にしないと通信ができない。など、本当に通信ができるかどうか判断できない場合もあるかと思います。続いてはそんな場合の対処方法をお伝えします。

【確実+無料】デモ機で実際に試してみる

ネクストギアーズでは、無料のデモ機をすべての種別でご用意しています。特定小電力トランシーバーと簡易業務用無線機の組み合わせや、簡易業務用無線機とIP無線機を数台ずつご用意することも可能です。すべてのデモ機は弊社のレンタルサービスと同じクオリティで整備されているので安心して比較検討にご使用いただけます。

デモ機で期間や台数に制限があるものの、種別を固めたい場合の確認用として最適な活用方法ですのでお気軽にお問い合わせください。

※お届け時の送料は無料で、ご返送料金のみお客様のご負担となります

【確実+安心】レンタルサービスを利用してみる

あらゆる環境でのテストを行うには時間がかかりますが、レンタルサービスを利用する事で期間や台数を気にせずに全種別の無線機を実地で検証する事が可能となります。レンタルの費用が必要となりますが、最も確実で安心です。

ネクストギアーズは、無線機・インカム・トランシーバーのレンタルサービスの分野で国内トップクラスです。レンタル用の無線機を大量に仕入れる流通経路を販売事業にも生かしており、大手企業様をはじめとして多くの企業様への販売実績、レンタル実績がございます。

あくまで目安

電波は目視ができないので、わたしたちプロでもはじめての利用場所を地図上で見て通信可能範囲を見極めるのは難しいものです。ただ、現地に詳しい方のお話を聞くとおおまかな通信エリアをお知らせすることはできますので、上記の通信距離を目安としながら、わたしたちにご相談をいただければアドバイスとサポートをさせていただきます。


▶業種やシーンから無線機を選んでみたいという方はこちらもご覧ください!

▶無線機(インカム)についてもう少し詳しくという方はこちらのコラムもご覧ください!

▶小型の無線機を探している方こちらのコラムもご覧ください!

▶購入とレンタルで比較したい方はこちらのコラムもご覧ください!

(新しいタブで開きます)

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。