無線機

業務用無線機とアマチュア無線の違いはなにか?

消防や警察の方、タクシーで使われている無線機(トランシーバー)は、一般的に「業務用無線」と呼ばれています。
その一方、似たような言葉で「アマチュア無線」というのがあります。
この2つはどう違うのでしょうか。今回のコラムは業務用無線とアマチュア無線の違いについてご紹介いたします。

業務用無線は仕事上のコミュニケーション手段として用いられる無線のこと

警察や消防の方、またはタクシーに乗ったときに運転手の人が無線機を使ってやりとりをしているのを、一度は見たことがあるかと思います。
あのような、業務上で使われる無線機のことを「業務用無線」といいます。
業務用無線を使う会社は、業務内容に応じて「無線従事者免許」をもっている人を配置する必要がある場合があります。

例えば、タクシー会社に勤めているドライバーの場合、指令局にいる人が従事者免許を持っていれば、ドライバー自身で免許を取る必要はありません。
一方、個人タクシーで無線機を使いたい場合は、従事者免許を取る必要があります。

ただし、私たちがイベントの運営などで使う無線機(トランシーバー)は、この従事者免許は必要ありません。

簡易無線は従事者なしでも使える

イベントなどで使う「簡易業務用無線機」は、従事者免許を持たずとも利用することができます。
簡易無線は業務用無線の中でも「出力が5W(一部機種は1W)以下のもの」を指します。
ただし、個人・法人で所有して使う場合は総務省に「無線局免許状(登録状)」の申請をするのが条件です。
レンタルやリースであれば、従事者資格や無線局免許の申請がいりませんので、使いたい日からすぐに使いはじめることができるのが特徴です。

もちろん、簡易無線よりも出力(パワー)が小さい「特定小電力トランシーバー」や「IP無線」も、特別な免許などを持たなくても使うことができます。

アマチュア無線は個人的な興味・研究の範囲内で使うもの

一般財団法人日本アマチュア無線振興協会によれば、「金銭上の利益のためでなく、もっぱら個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究」との記載があります。

つまり、業務としての無線利用ではなく、個人の興味や探究心によって行われる無線通信のことを「アマチュア無線」と呼んでいます。
アマチュア無線を業務で利用することは、法律で禁止されていますので注意してくださいね。

個人の利用であっても「アマチュア無線技士」という資格が必要で、一級~四級まであります。
もちろん無線局を開設するには、業務無線と同じで無線局免許状の申請も必要となります。

業務無線とアマチュア無線は、ビジネス用途かプライベート用途の違い

会社のイベントやスポーツ大会などで使う無線機(トランシーバー)は、基本的に業務無線の中の簡易無線というものです。
特別な資格は必要なく、レンタルやリースであれば総務省への申請もいりませんので、手軽に利用することができます。

また、企業でなくても団体(実行委員会など)でイベントを主催する際もアマチュア無線で運営の連絡を取り合うのは違法です。

自分たちの使っている無線機が違法かどうかわからなかったり、無線機をレンタルしようか迷っている方は、お気軽にご連絡くださいね。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。