無線機

IP無線とは?特徴から活用例まで、IP無線を分かりやすく解説

 

IP無線とは?

IP無線とは、声や音をパケットデータに変換し、携帯電話のデータ回線を利用して送受信することで、従来の無線機と同じのように複数人で通信を行うサービスのことです。また、IP無線の端末のことをIP無線機と言います。

 

IP無線機の特徴

・全国エリアで通信が可能

IP無線機は携帯電話の通信網を利用して通信を行うのが最も大きな特徴です。
携帯電話が利用できるエリアであればどこでも利用できるため、屋内外での通信はもちろん日本全国での通信ができます。特定のIPアドレスに音声を直接送信しているため、遮蔽物の影響や他の通信からの影響(混信)を受けることはありません。

 

・グループ通信、個別通信の両方が可能

IP無線機は、トランシーバーと同じようにグループ通信で一斉に複数人に情報共有を行うことが可能です。

また、グループ通信だけでなく、携帯電話のような1対1の通信も行うことができる点がIP無線機の利点です。

 

・機種によってはGPS機能を付けることが可能

IP無線機のGPS位置情報サービスによって、パソコンでリアルタイムにIP無線機の居場所を確認することが出来ます。※契約と設定が必要です。

 

・通信量は定額なので安心

IP無線機の通信料は月額制です。(各キャリアau/docomo/softbankによって月額料金は異なります)
どれだけ通信を行っても通信料が変わることはありませんので、安心してご利用頂けます。

 

IP無線機とトランシーバーとの違い

・通信方法の違い

多くのトランシーバーは、トランシーバー同士が電波を送受信することで通信を行います。電波の強さ(W)によって通信距離が異なり、電波が強いほど長距離間で通信を行うことが可能です。出力が最大のものでも見通しの良いところで約5km程が通信可能な最大距離と言えます。一方、IP無線機は携帯電話のデータ回線を使用している為、携帯電話の電波の届く場所であれば、北海道と沖縄間であっても通信することが出来ます。

 

 

・同時通話、多重通話が可能

多くのトランシーバーは一方通行の会話なので、一人が話し始めると次の発信はその人が話し終わるまで待たなくてはなりません。一方IP無線機は同時通話、多重通話が可能なので、話が終わるまで待つ必要はなく電話と同じような感覚で通話することが可能です。緊急性の高い内容など瞬時に発信したい場合に割り込んで発信することが出来ます。

 

・免許、登録申請が不要

電波法により、出力が1W以上のトランシーバー(簡易業務用無線機)を使用するには、免許や登録申請を行う必要があると定められています。(※レンタルの場合は除く)
一方IP無線機の出力は0.25Wなので、申請等は不要で誰でも使用することが出来ます。

 

IP無線機を使用する際の注意点

IP無線機には様々な機能があり便利な通信機器ですが、使用する上で知っておくべき注意点がいくつかございます。

 

・通信料がかかる

各キャリア(au/docomo/softbank)のデータ回線を使用して通信を行う為、月額通信料が発生します。そのため、レンタル・購入のどちらの場合でも、他トランシーバーと比較するとコストが高くついてしまうといったデメリットがあります。

 

・山奥など携帯電話の電波が届かない場所では通信できない

山奥や地下、トンネルなどの携帯電話の電波が届かない場所では通信ができません。携帯電話の電波が届きづらい場所での作業では、簡易業務用無線機の方が適している場合があります。

 

・データ回線が混み合ったときに繋がりにくくなる可能性

人が極端に密集しているエリアや災害時など、パケット通信が集中するようなシーンではビジー状態となり通信できなくなってしまうことがあります。例えば、渋谷のハロウィンイベントなど、半径数km程度の範囲に数万人集まるようなイベントでは注意が必要です。
使用したいシーンで通信が利用できるか不安な場合は、先にデモ機をレンタルして同じ環境でテスト使用することをオススメします。

 

IP無線の種類

IP無線の中にも種類があり、シチュエーションに合わせてご利用頂けます。

 

1.ハンディ型IP無線機        

IP500H#29の機種画像

 

ハンディタイプは本体サイズが小さく、携帯しながら利用できることが特徴です。
IP無線機の特性上、広範囲で利用でき屋内外どちらでも通信ができるため、マラソン大会や音楽フェス、イベント運営での利用に適しています。
ハンディタイプのバッテリー稼働時間はおよそ12時間~17時間程度なので、2日間連続で使用する場面では充電が必要になります。

 

2.車載型IP無線機

 

車載タイプは本体にコマンドマイクを取り付けて通話するのが特徴です。
車中の電源を使用するため充電の必要がなく、タクシーやバス、トラックなどの荷物配送でも利用が広がっています。
運転中の携帯電話の使用は道路交通法違反となりますが、無線機の場合は対象外となります。ただし、通信していたことで事故を起こしてしまった場合は安全運転義務違反が成立するので、注意して無線機を利用する必要があります。

 

3.IP無線アプリ

スマートフォンに専用のIP無線アプリをダウンロードして利用できることが特徴です。
ダウンロードした当日から使用が可能なので、緊急でIP無線が必要になった際など手軽に使用できます。

 

IP無線機の活用例

Case1.広範囲によるイベント・施設で通信を行う場合

〈マラソン大会編〉

マラソン大会は、数km~数十kmとかなり広範囲で行われます。運営スタッフ様同士の安定した通信を行う為にはハンディタイプのIP無線機が適しています。移動が伴っても通信距離を気にする必要がないので、非常に便利です。
細かいグループ設定が可能なので、例えば各給水所、警備スタッフ、救護スタッフ等、各ポジションごとのグループ通信はもちろん、携帯電話のような個別通信を行うことも可能です。

 

〈大型商業施設編〉

大型ショッピングモールでは施設全体ではかなりの距離があり、またフロアも分かれていることから、最も出力の高い簡易業務用無線機を使用しても通信が行えない場所が出てくる可能性があります。IP無線機のハンディタイプでは携帯電話の電波が届く場所であればどこでも通信可能なので、大型ショッピングモールの警備などでも活躍します。

Case2.広範囲で移動を伴いながらの通信を行う場合

車での移動を伴いながら通信を行うには、車載タイプのIP無線機が適しています。PTTボタンを押すだけの簡単な操作なので、目を離すことなく通信が出来ます。(※運転中の使用には十分注意しましょう)
また、機種によってはオプションでGPS機能を付けることも可能です。ドライバーがどこを走っているかをパソコン等の端末から確認することが可能です。

Case3.BCP対策として

災害などの非常時、電話回線がパンクし電話がなかなか繋がらない場合があります。IP無線機は、電話回線と比べると比較的パンクしにくいデータ回線を使用するので、非常時でも通信が出来る可能性が高いです。災害の状況によりますが、実際に震災時に電話は繋がらなかったがIP無線機では通信が出来たという実績があります。

 

まとめ

IP無線には以下のような強みがあります。

 

・グループ、または個別の通信が可能
・遮蔽物や距離を気にせず、全国で快適に通信可能
・機種によってはGPS機能が搭載されている
・免許や登録等の手続きが不要

 

IP無線機は、無線機と携帯電話の長所を兼ね備えている通信機器です。
IP無線機を利用したい場合はレンタルやリースが一般的です。購入すると一台約8万円~20万円と決して安い金額ではなく、不具合や故障などのメンテナンスを自身で行わなければいけません。また、提供会社によっては個人での契約ができない場合もあります。
レンタルの場合は、1日~1ヶ月の短期レンタルのプランから長期プランなど、使用したいシチュエーションに合わせて様々なプランや商品をチェックしてみましょう。

 

>>IP無線機のレンタル商品はこちら

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。