デュアルバンド熱赤外線カメラ、HeatFinder(ヒートファインダー)の販売・レンタルの取り扱いを開始しました。
東日本
03-5831-0185
受付:365日(土日祝日含む)深夜まで
西日本
06-4862-7203
受付:365日(土日祝日含む)深夜まで
トランシーバー

トランシーバーの使い方とトラブル対処法

トランシーバーで通話する際は、チャンネルを設定して送信ボタンを押しながらマイクに向かって話します。

トランシーバー使用時によくあるトラブルとして、電波が届かないことが挙げられます。電波が届かない理由は通信可能範囲を超えていることや、壁やビル、山などの遮蔽物が電波を遮断してしまっていることがあります。

そのため、使用する目的や環境などを考慮した適切なトランシーバーを使うことで滞りなく通信ができる可能性が高くなります。

トランシーバーを使う前に確認しておきたいこと

トランシーバーには、以下のように大きく分けて3つの種類あります。
特定小電力トランシーバー 簡易業務用無線機 IP無線機
通信距離 ~200m ~5km 携帯電話の通信圏内
遮蔽物の影響 あり あり なし
送信出力 0.01W(10mW)以下 1~5W 0.25W以下
免許・登録 不要 必要 不要

簡易業務用無線機のみ、使用するには免許や登録が必要となります。必要な手続きを踏まないまま使用してしまうと電波法違反となり、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられてしまいます。

上記の表から使用する距離や環境に合わせてトランシーバーを選び、必要であれば事前に免許の取得や登録をおこないましょう。

レンタルの場合は、レンタル業者が総務省に申請を出しているため免許の取得や登録の申請がなくとも利用が可能です。

トランシーバーの通話方式

トランシーバーには「交互通話」「同時通話」「一斉同時通話」という3つの通話方式が存在します。

【交互通話】

送信(通話)ボタンを押している間のみ音声が相手に届く方式。こちらが送信を行っている間は受信ができず、逆に受信中は送信ができない。

【同時通話】

携帯電話のように受信と送信を同時に行う事ができる。

【一斉同時通話】

多人数と同時通話ができる。

基本的な使い方の手順

トランシーバーの機種によって異なることもありますが、基本的な使い方はチャンネルを合わせて、送信ボタンを押しながら話すことで通話できます。
  • ・Step1:電源をオンにする
  • ・Step2:音量を設定する(聞こえるようにしておく)
  • ・Step3:通話相手とチャンネルを合わせる
  • ・Step4:送信(通話)ボタンを押して話す
交互通話の場合は話しているときのみ送信(通話)ボタンを押す、などの細かな違いはありますが、基本的には上記の手順でトランシーバーを用いての通話が可能です。

説明書がない場合の対処法

説明書がない場合はメーカーのホームページを確認してみましょう。 メーカーのホームページには、問い合わせ窓口への連絡先が記載されていることやPDFなどで説明書のダウンロードが可能となっていることがあります。

しかし、すでに廃番になってしまっている機種などの場合、満足にサポートが受けられないこともあります。 そのため、トランシーバーを購入するときは説明書付きのものが選ぶのが良いでしょう。

ネクストギアーズでは使用目的に合わせたトランシーバーの選定や、トランシーバーの操作方法のレクチャーなどもおこなっています。

トランシーバーの主な用途

ホテルやレストラン、イベント会場などでは業務指示やトラブルの報告など多人数と同時に通話できることを生かしてトランシーバーが活用されています。 キャンプや釣りなどでは免許不要で使える特定小電力トランシーバーが役立ちます。

山の中といった携帯電話の電波が届かない野外でも、簡単に別のテントや釣り場にいる仲間と連絡をとることができます。

よくあるトラブルの対処法

電波が届かない場合

トランシーバー本体や使用環境に問題があると電波が届かなくなることがあります。 考えられる原因としては主に以下の3つがあります。

  • ・電源が入っていない
  • ・トランシーバーの通信可能範囲を超えている
  • ・遮蔽物や天候などの環境の問題

液晶画面のないトランシーバーでは、そもそも電源が入っていなかったということも起こりやすいので注意が必要です。 また、通信可能範囲内で通信ができない場合は使用する環境に問題がある可能性が高いです。

特定小電力トランシーバーと簡易業務用無線機では、通信相手との間に壁や天井、山などの遮蔽物があると通信できない場合があります。IP無線機の場合だと携帯電話の電波が届かない場所では通信することができません。

使いたいシーンに、どのトランシーバーが合うかどうかは、事前にレンタル業者からデモ機をレンタルして、実際と同じような環境でテスト使用して確認するとよいでしょう。

混信してしまう場合

特定小電力トランシーバーを使用している場合は、混信してしまうことがあります。 これは、特定小電力トランシーバーが限られたチャンネルを分け合って通信をおこなうためで、合わせたチャンネルがすでに他の利用者によって埋まってしまっていると混信が起こります。

チャンネルが埋まっているときは、他の空きチャンネルを探すかチャンネルが空くのを待ちましょう。混信を避けるためにはチャンネル設定後に「どなたかこのチャンネルを使用していますか?」などと口頭で確認をとり、応答がないチャンネルを利用するとよいでしょう。

まとめ

トランシーバーの基本的な使い方は、チャンネル設定し、送信ボタンを押しながら話すことで通話できます。 使用する際は、以下の点に注意をしてみましょう。
  • ・簡易業務用無線機を使用するためには事前に免許や登録が必要
  • ・電波が届かない場合は、本体か使用環境に問題がある可能性が高い
  • ・混信時は空きチャンネルを探すか、合わせたチャンネルが空くのを待つ

無線機と聞くと、「免許が必要なのかな」「混信が不安だな」などご不安なこともあるかと思います。

また、趣味や仕事で日常的に使用している方がまだまだ少ない分野の製品かと思いますので、ご不安な事や、ご不明点等がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。