トランシーバー

【メーカー・機種別】特定小電力トランシーバーの通信距離比較

携帯電話以外の音声通信機器には、特定小電力トランシーバー、簡易業務用無線機、IP無線機などがあります。
この記事では、安価かつ免許不要で、手軽に使用することができる無線機器である「特定小電力トランシーバー」のメーカー別の機種の紹介と、使用場面に応じた選び方について説明します。

特定小電力トランシーバーの電波飛距離とは

特定小電力トランシーバーとは、タクシー無線や防災無線などの業務用無線機と比較し、1/500以下の低出力な無線機です。 安価で免許や登録が不要であるため手軽に使用することができます。

使用に際して免許や登録が不要な無線機は、特定小電力トランシーバーかIP無線機のどちらかです。
簡易業務用無線機は、主に5Wの出力がある無線機で、屋外のフェスなどの1〜3km程度の範囲で通信が必要となるイベントで使用されています。
IP無線機は携帯電話の電波を使って通信する無線機のことで、大型施設の警備・運営業務やマラソン大会など、広い範囲での通信が必要な場面です 。

無線機は通信可能な距離の違いから、通信を行う範囲により使い分けされています。使用範囲が100〜200m四方程度の屋内では、主に特定小電力トランシーバーが用いられます。1〜3km程度の屋外なら簡易業務用無線機、それ以上の範囲においてはIP無線機が使用されるケースが多いです。

特定小電力トランシーバー 簡易業務用無線機 IP無線機
通信距離の目安 100m〜200m 1〜3km 携帯電話の通話エリア圏内
市街地 100m〜200m 0.5〜1km 携帯電話の通話エリア圏内
見通しのよい場所 1〜2km 4km〜5 km 携帯電話の通話エリア圏内
送信出力 10mw 5w
免許・登録 不要 必要(レンタルの場合不要) 不要
運用時間
(最大)
約30時間 約12時間 約17時間
購入時の価格帯 9,800円~49,800円 30,000円~70,000円 80,000円~(別途回線使用料)

特定小電力トランシーバーに免許登録がいらない理由

通信の混雑を防止するために、通常無線機器を設置する場合には免許や登録が必要となっています。例外として、電波法に定められた2つの要件を満たす特定小電力トランシーバーは免許が不要になっています。

  1. 通信時の電力が小さく、法令で「使用する電波の型式、周波数」が定められており、ほかの通信を妨げる恐れがないこと
  2. 機器本体に、混信を防ぐ機能が備わっていること

特定小電力トランシーバーの通信距離を延ばすためにできること

特定小電力トランシーバーの通信距離を伸ばすためには、中継器やアンテナが長い機種を用いるといいでしょう。
アンテナが長い機種を使用すると良い理由は、電波を用いる無線機器は、アンテナが地面から離れるほど通信の精度は高くなり通信距離が大きくなるためです。

また、中継器とは、送話側の特定小電力トランシーバーから発せられた電波を、受信側の特定小電力トランシーバーに中継する機器のことです。中継器を用いることで通信可能な範囲を2倍程度に拡大することができます。
無線機器の通信に用いられる電波は、送信機のアンテナから受信機のアンテナまでを直進するため、壁や階段など、電波がまっすぐ進めない環境では通信の精度が悪くなります。しかし、この場合も中継器を用いることで電波の送受信を補助し通信距離を広くすることが可能です。

機種別の特定小電力トランシーバーのスペック一覧(代表例)

メーカー
-型番
中継器 アンテナ 防塵・防水 希望小売価格(税別)
アルインコ
-DJ-CH1 非対応 非対応 9,800円
-DJ-P221 対応 長 約 16cm
短 約 7.5cm
IP67 19,800円
-DJ-P45 対応 長 17.3cm IP67 39,800円
スタンダード
-FTH-107 対応 IPX5 16,590円
-FTH-308L 対応 長 15.4cm IP67 19,800円
-FTH-635 対応 IP67 25,000円
ケンウッド
-UBZ-M51L 対応 IP54 オープン価格
-UBZ-LP20 対応 IP54 オープン価格
-UBZ-BH47FR 対応 長 18cm IP55 35,800円
アイコム
-IC-4300L 対応 IP55 15,800円
-IC-4110D 対応 IP54 19,800円
-IC-4188D 対応 IP54 29,800円
ユピテル
-COM-400 対応 JIS防滴Ⅱ オープン価格
-CT-570 非対応 JIS防滴Ⅱ オープン価格
-CT-560 非対応 JIS防滴Ⅱ 17,800円

防塵・防水機能に記載している「IP○○」は、粉塵や水の侵入からの保護の度合いを表す等級で、左側の数値が防塵、右側の数値が防水の性能を指します。最も保護の度合いが高い数値は「IP68」で、保護の度合いが低くなるにつれ、値は小さくなります。

ユピテル社の3種については、現在生産が終了しているため、発売当時の規格である「JIS C0920 防水保護等級」により評価された防水の度合いを記載しました。「JIS C0920 防水保護等級」においては、等級「Ⅲ」以上が防雨型となりますが、ユピテル社の特定小電力トランシーバーは、いずれも等級が「Ⅱ」のため、雨天での利用には適さない機種になります。

また、特定小電力トランシーバーは、機種、メーカーに関わらず同一の周波数帯を使用しているため、理論上は異なるメーカーの機器同士でも同一の周波数を用いることで通話が可能です。しかし異なるメーカーでの通信は動作保証されていません。
簡易業務用無線やIP無線機とは使用している周波数帯域が異なるため通信に互換性はありません。よって、特定小電力トランシーバーは安定した通信手段として使用するためにできる限り同一のメーカーのものを選ぶと良いでしょう。

利用する状況別おすすめ特定小電力トランシーバー

聞き取りやすく壊れにくい(通信性能が高い)

聞き取りやすさで選ぶならアンテナが長いタイプの機種がおすすめです。特に、ケンウッド社のUBZ-M51Lなどは、アンテナも長く、防塵・防水の性能を表すIP評価が「IP67相当」であるため、人通りの多い場所、屋外などの混雑が予想される場所での使用に向いています。併せて、音声を聞き取りやすくし通信内容の秘匿性を守るために、必要に応じてイヤホンマイクを使用するといいでしょう。

イベントの交通整備や警備など広い場所で利用する(電波飛距離に特化している)

特定小電力トランシーバーの通信距離を伸ばすためには、中継器を利用し、アンテナが長い機種を使用する必要があります。
そのため、200mを超える広い範囲で通信を行う場合は、アルインコ社のDJ-P221、八重洲無線社(スタンダード)のFTH-314Lなど、中継機に対応したアンテナが長いタイプの機種がおすすめです。

水辺での利用を検討している(防水性が優れている)

水辺や、雨天が予想される屋外において特定小電力トランシーバーを使用する場合は、「IP」の数値が高いものを選ぶべきです。例えば、アイコム社のIC-4350やアルインコ社のDJ-P45、スタンダード社のFTH-635の防水性能は「IP67」で、機器が水深15cm〜1mの深さの水中に30分以上没しても内部に水が浸入しません。

フロア間など建物内での利用を検討している(室内利用がしやすい)

特定小型トランシーバーの室内利用では、部屋や階層を隔てた通信をするかでおすすめの機種が違います。
単一フロアで特定小電力トランシーバーを使用する場合は、広さが100m〜200m四方程度であれば、どの機種を使用しても通信精度に大きな差はありません。予算に応じて機種を選ぶといいでしょう。

壁が多い、階段がある環境で使用する場合は、中継器に対応した機種、またはアンテナが長い機種がおすすめです。アンテナが長い機種はアンテナが短いものと比較して持ち運びやすさの面で劣るデメリットがあります。

会場内での移動が多いことが想定されるなど、身軽さが重視される場面ではスタンダード社のFTH-107、アイコム社のIC-4110Dのように、中継機に対応しアンテナが短い機種の使用が適しています。

反対に身軽さよりも通信精度が重視される場合には、ケンウッド社のUBZ-M51L、UBZ-BH47FRのように中継器に対応し、アンテナが長い機種がおすすめです。

まとめ

イベントや店舗などで通信に特定小電力トランシーバーを用いる場合、使用する場面に応じて機種を選ぶ必要があります。
広い範囲での通信に利用する時は中継器対応型やアンテナが長いタイプの機種を選択する、雨や埃が予想される環境では防塵・防塵機能を重視した機種を選択するなど、通信の範囲や屋内外の別に応じて適切な機種を選択しましょう。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。