無線機・インカム・トランシーバーのレンタルなら
ネクストギアーズ株式会社にお任せください。
違法無線機ってどんなもの?罰則や見分け方をご紹介

違法無線機ってどんなもの?罰則や見分け方をご紹介

「違法無線機」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
国内では販売・認可されていない海外製のものや、周波数や出力などを違法に改造された機種がそれにあたります。

レンタルやリースで無線機(トランシーバーやインカム)を利用する方は、許可がおりている合法の無線機が貸与されますので、気にする必要はありません。
しかしながら、個人や法人で購入する場合は、この違法無線機を掴まないように注意する必要があります。

違法無線機を使うとどうなるのか、また見分け方はあるのかなどを、本コラムでお話したいと思います。

違法無線機を使うとどうなるのか?

日本国内で認可されていない無線機(違法無線機)を使った場合、もしくは認可されていても総務省に申請せずに使った場合は、電波法違反となります。
無線機を使って実際に送受信をしていなくても、それらが使える状態にあるだけで違反となってしまいます。

電波法に違反すると、「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金刑」となっていまいます。
身近な道路交通法と比較すると、酒酔い運転が「5年以下、もしくは100万円」、保険切れで運転してしまう無保険運転が「1年以下、もしくは50万円」です。
違法無線機による罰則は、決して小さくはないと言えます。

また、違法無線機で他の公共の電波を阻害した場合は、より重い罪である重要無線通信妨害罪となります。
この場合だと「5年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金刑」とかなりの重い刑となりますので、気をつけましょう。

違法無線機の見分け方は?

日本国内で使える無線機かどうかは、「技適マーク」がついているかで判断できます。
この技適マークは、無線機(トランシーバー)に限らずスマートフォンやルーターなど、電波を発するすべての機器につけることが義務づけられています。
外装や電池カバーの裏などに描かれていることが多いですが、一部機種では設定画面などから確認できるものもあります。

技適マークがついていれば海外製のものであっても国内で利用することができます。
中古品やネット上で無線機を購入する場合は、必ずこの技適マークがついていることを確認したうえで、購入するようにしましょう。

どういった点が違法になるのか?

違法となる大きな要因は、「周波数」と「出力」です。
各国ごとに「この周波数帯は●●が使う」と割り当てられており、認可された人以外は基本的に使うことができません。
海外製のものだと、日本の公共電波(ラジオや業務無線など)にかぶってしまう可能性があるため、許可されたもの以外は使用することができません。

もう一つの理由が「出力が大きすぎる」ということです。
わたしたちネクストギアーズで扱っている無線機(トランシーバー)は、出力(パワー)が大きいものでも「5W(合法でレンタルできる最大出力)」となります。
出力が大きいほど、他の無線に影響を与える可能性が高くなり、出力の大きい無線機は資格を持っている技術者のみが扱えます。
海外製の無線機の中には、20Wや50Wなどの高出力のものが平気で使えるようになっていたりするため、電波を安全に使うという点で規制の対象となっているのです。

認可された無線機をつかって、安心・安全な無線通信を

日本で発売されているものであれば、日本の基準を満たしているため安心して無線機を使うことができます。
もちろん、弊社でレンタル・販売・リースしているものはすべて日本国内で認可された商品のみを取り扱っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談くださいね。


▽ 技適マークがソフトウェア上に描かれているケース(筆者のASUS社・タブレット端末の場合)

ご利用に関するお問い合わせ・ご質問はこちら

商品に関するご質問、利用シチュエーションのご相談、お取引方法など、ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

東日本03-5831-0185西日本06-4862-7203受付時間 24時間対応
無線機について
株式会社エコー総合企画
Copyright © 2019 NEXT GEARS Co.,Ltd. All rights reserved.