ハウツー

無線機を借りるのに免許や資格って必要なの?

イベントで無線機(トランシーバー)を使いたいけれども、『特別な免許や資格って必要なの…?』そう悩まれる方も少なくないと思います。
このコラムでは、無線機をレンタルするときに免許や資格は必要なのか、また免許が必要な場合はどんなときなのかをご紹介します。

無線機のレンタルでは、免許や資格はいらない

まず結論からお話していきますと、無線機(トランシーバーやインカム)をレンタルして利用するだけなら「利用者に免許や資格は不要」です!
免許が必要な機種(5Wの簡易業務用無線機)であっても、無線機の所有者であるわたしたちネクストギアーズが総務省に申請を出していますので、利用者は免許や資格などを持っていなくても利用できるのです。
※リースの場合は、無線機の所有権はリース会社ですが、免許はお客様名義で取得する必要があります。

免許状や登録状が必要なのは基本的に「出力が1W以上の無線機」

個人、もしくは法人で無線機(トランシーバー)を購入する場合、総務省に「無線局免許状(または登録状)」を申請しなくてはなりません。
ただし、出力が1W未満の無線機であれば、免許なしで使うことができます。
カテゴリとしては「特定小電力トランシーバー」と呼ばれており、出力は0.01Wと小さいため、個人の方でもすぐに利用することができます。
この特定小電力トランシーバーはホームセンターなどでも売っていることもあり、簡単に手にすることが可能です。

申請を出さずに使うと電波法違反になる

5Wの出力がある「簡易業務用無線機」を購入して使う場合は、総務省に届出を出して許可がおりてから使います。
無許可で利用した場合は、電波法に違反することになり、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられます。
該当する無線機を使う場合は、必ず申請をして許可が出てから使うようにしてくださいね。

レンタル、リース、購入…どれがおすすめ?

私どもでは、短期間で利用する個人のお客様は「レンタル」、日常的に利用する機会があるイベント会社様などは「長期レンタル」か「リース」をおすすめしております。
購入することのメリットは資産として扱えることですが、減価償却費やメンテナンス費用を考えると、あまりお得とはいえないかもしれませんね。
(※一部のリース契約では、資産として計上される場合もあります。)

なお、レンタルであれば1日単位で使うことができますが、リースでは基本的には6年(もしくは5年)契約となります。
リースだとメンテナンスも各自(借主)が行うので、定期的に使う法人様以外は、1日単位のレンタルを選ぶのがいいでしょう。

レンタルであれば免許は必要なし

無線機を使うにあたっての免許のお話をいたしました。
レンタルやリースであれば、わたしたちが総務省に届出を出しているため、免許などを持っていなくても利用できます。
学校や会社のイベントで無線機が必要になったのなら、各自で買うよりもレンタルを利用するのがおすすめです。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。