ハウツー

無線機の種類わかりますか?

無線機・インカム・トランシーバー・・・いろいろな呼び方があって判りづらいですよね。

さらに無線機の種類(種別)も複数あるので、整理の意味を込めて改めて分類をしてみました。
皆様の使用用途にあった機種選びの参考になれば幸いです。

特定小電力トランシーバー

弊社内では、特小(とくしょう)と呼ばれています。
弊社などの専門業者をはじめ、ホームセンターやインターネットショップなどでも販売されているので手軽に入手できます。
価格帯は約8千円から2万円ほどと無線機としては最も安価な部類で、異なるメーカー(ブランド)のトランシーバーとも基本的に互換性があります。
反面、チャンネルが合ってしまうと簡単に通信できてしまうので、繁華街などのお店が多い地域では混信が発生してしまう場合もあります。
身近な利用シーンとしては、ワンフロアの飲食店などのホールスタッフさんが良く使用しています。
結構身近な無線機なので、アルバイトしてる時に使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。
また、使用の際に免許や登録が不要なので入手した日からどなたでも手軽に利用することができます。

ネクストギアーズの特定小電力トランシーバーのレンタルラインアップはこちら

簡易業務用無線機

弊社内では、業務(ぎょうむ)やCR(しーあーる)、3R(さんあーる)と呼ばれています。
簡易業務用無線機は、「アナログ機(免許局)」「デジタル機(免許局)」「デジ/アナ機(免許局)」「デジタル機(登録局)」に分類されます。
法律(電波法)でレンタルが認められている業務用無線機は3Rのデジタル機(登録局)のみのため、社内では5Wのレンタル機=3Rと呼ばれています。
免許局は事業者などの団体が保有可能、登録局は個人の方も保有可能という違いもあります。
デジタル機のみ免許局と登録局があって少しわかりにくいですが、使用している周波数が免許局と登録局では異なっており、混信の可能性が低いのが免許局という特徴があります。ただし、追加レンタルができないデメリットがあります。実際はデジタル機の特性上、そこまで混信が発生しないので、デモ機などでお試しのうえでレンタル可否を含めてどちらが最適か判断しても良いかと思います。
また、使用する際には「免許局=免許状」「登録局=登録状」を取得する必要があります。車の免許のように試験を受けるわけではないのでご安心ください。
ただし管轄の総合通信局に届け出を提出し免許状や登録状が発行される形式となっていますので、自信が無い方は購入時に一緒に代理申請の申し込みを依頼するのが良いと思います。

ネクストギアーズの簡易業務用無線機のレンタルラインアップはこちら

簡易業務用無線機
種別免許局(CR/DCR) 登録局(3R)
?アナログ機?デジタル機?デジ/アナ機?デジタル機
レンタル可否NGOK
出力5Wがメイン

IP無線

弊社内では、IP(アイピー)と呼ばれています。
各携帯キャリア(docomo/au/softbank)のデータ通信網(3G/4G/LTE)を利用して音声通信を行う無線機です。
日本国内99%のエリアをカバーしていて全国のほぼ全域同士で通信ができるため、普段業務用無線機を使用している方がIP無線を使用すると通信エリアの広さから驚かれるケースが多いです。
代表的なデータ通信網を利用した音声通信サービスは、IP電話やLINE電話、スカイプなどです。音声通信網は通話者同士が回線の一部を占有して通信するのに対し、データ通信網は音声をデータ(パケット)に変換し、回線を共同で使用しパケットを送受信するというような違いがあります。
音声通信網は通話の際に回線の一部を占有するため、非常時などに大勢の人が一斉に電話をかけるようなことが発生すると繋がらなくなってしまうのに対し、データ通信網は一部の人が回線を占有しないため非常時でも通信がし易いという特徴があります。
入手するには弊社を含めた無線機の販売を行っている事業者と打ち合わせの上、キャリア選定や契約を行います。契約までの流れは、携帯電話を契約するイメージとほぼ一緒です。

ネクストギアーズのIP無線のレンタルラインアップはこちら

まとめ

他にも無線機の種類はたくさんありますが今回紹介した3種類の無線機は弊社でレンタルが可能ですので、使用してみたい無線機があればお気軽にお問い合わせください。
使用する期間や頻度によって、購入(現金/リース)やレンタル(スポット/長期契約)のどれがベストか私たちがアドバイザーとしてサポートしております。

お客様の用途に最適なプランをご提案いたします。

ネクストギアーズについて

わたしたちネクストギアーズは、“必要としている場所”に“必要な製品”を
“必要な数”、“最高の品質”で提供いたします。
また、わたしたちに関わるすべての人の成功と幸せを追求した経営を行うことにより、広く継続的に社会貢献をいたします。